Q. 日本酒とはどのようなお酒でしょうか?

日本酒とは、米と水を主な原材料とする日本の醸造技術によって造られる醸造酒です。


これから日本酒を手にする方は、米と水だけで造ったアルコールは単一の味わいや香りのみで、多様な幅はないのではないか、と思われるかもしれません。しかし、原材料の「米」「水」、そして「米の磨き方」や「製造方法」によって驚くほどの大きな違いが生まれます。また、熟成期間によっても異なります。飲む時の温度やグラスによっても日本酒の幅は大きく広がります。


日本国内では約1,200の酒蔵が存在し、約10,000〜30,000の商品があるといわれています。日本酒の製造の歴史は約1,000年ほどありますが、近年は、火入れしない「生酒」、長期熟成した「古酒」が市場で評価され、水の代わりに酒を用いた濃厚な日本酒「貴醸酒」、フランス・シャンパーニュの製法を用いた瓶内二次発酵でかつ透明な「スパークリング日本酒」も誕生しています。


「日本酒」の原材料や製造方法による香りや味わいの違いを知りながら、べストな日本酒を発見してください。

Q. 国内外のソムリエやレストランのシェフは日本酒をどのように評価していますか?

以前、日本酒に合う牡蠣料理ペアリング料理のコンテストが開催され、そこで日本、フランス、イギリス、香港のシェアやソムリエが日本酒について紹介する動画が公開されています。こちらの動画をご覧ください。


セミナー1:牡蠣をテーマにしたワインペアリングと日本酒ペアリング

フランス ホテル・クリヨン シェフ ソムリエ (Chef Sommelier de l'Hôtel de Crillon) グザヴィエ・チェイザ氏


セミナー2:牡蠣のペアリング料理を最先端の日本酒ペアリングアプローチから考える

日本酒ソムリエ 第14代酒サムライ 千葉麻里絵氏


セミナー3:日本酒の牡蠣ペアリング料理の研究・紹介

バスク料理 ブラット x クリムゾンズアーチ ヘッドシェフ及び創設者 トモス・パリー氏


フランス料理 KEISUKE MATSUSHIMA オーナーシェフ 松嶋啓介氏


広東料理 中国飲食文化大師 尹達剛氏

Q. 日本酒の保管方法を教えてください。

日本酒は冷暗での保管が基本です。日本酒の天敵は、紫外線です。日本酒は直射日光に当たると劣化し、玉ねぎやネギのような匂いを放ちます。30分ほどでも劣化するので要注意です。


また蛍光灯に当たる環境に日本酒を保管することも危険です。UVカットのフィルムを巻いた照明を使ったり、紫外線を発しない特別なライトを採用したり、新聞紙に包むなど工夫が必要です。


熟成を楽しむために長期保存する時は、日本酒の性質を見極めて正しい管理を行ってください。